亡父の句集を作りたいのですが

8月 9th, 2014

4年前に亡くなった父は、晩年句作にハマっていて、けっこうたくさんの句を作っていたようです。

いくらか見せてもらったりしたこともあるのですが、ネットの句会に入っていて、批評をしあったりして楽しんでいました。

もともと、若いころは小説家になりたかったという元文学青年で、
何だかずっとそういう気分が抜けないままで年を取った人でした。

その父が遺した俳句を集めて、句集を作ってあげたいとずっと思っているのですが・・・。


まずは実家で父の書いたものを見つけ出して、残された俳句を発掘してこないといけません。

そして、どんな句集にするべきでしょうか。
自費出版のかたちにするか、それとも、パソコンなどを使って自分で編集して、手作りの句集にするか。

いろいろ考えているところです。

Comments are closed.