ショウリョバッタとの出会い

11月 18th, 2014

朝晩冷えることが多くなってきて自家菜園の野菜たちも元気がなくなってきました。
そのなかでも大葉はもうすっかり終わりで、葉もほぼありません。

枝を切って整えようかと思って探っていると、ショウリョウバッタがびょんと飛び出しました。
びっくりして思わず「おぉ」と独り言。よくみると奥の方にももう一匹。
しかし先ほど出てきたバッタの色とは異なり、こちらは枯れ葉色。

もとからこうだったのか、草が枯れてきているので保護色として茶色になったのかはわかりませんが、
その姿を見ただけでも冬の到来を感じることができました。

こんな時期だけれど、それでもバッタはここにいるんだと思うと大葉を切ることはできず、もう少し先延ばしにしてもいいかと思えてきました。
また来年バッタが来たくなるような菜園を作りたいものです。

Comments are closed.